HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert … DVD/ブルーレイ 正規 価格

商品の説明

一度開封して、数回視聴してあります。フィルムに貼ってあった曲目のシールは本体裏に貼り直しました。三枚目の画像をご参照ください。すぐに簡単に剥がす事が可能です。付属品は全てあります。フォトフレーム等は未開封です。「HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box〈完全数量限定豪華BOX盤・2枚組〉」HYDE定価: ¥ 20000#HYDE #CD・DVD商品の情報本・音楽・ゲーム>DVD/ブルーレイ>ミュージック商品の状態:未使用に近い

商品の情報

サイズ
ブランド codeyx.com
商品の状態 未使用に近い

HYDE 20th Anniversary Roentgen Concert 2021 (regular edition) (2

HYDE 20th Anniversary Roentgen Concert 2021 (regular edition) (2

L'Arc-en-Ciel Official Website

L'Arc-en-Ciel Official Website

Special bonus | HYDE Official (EN)

Special bonus | HYDE Official (EN)

flower HYDE HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2022 - YouTube

flower HYDE HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2022 - YouTube

HYDE - HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021

HYDE - HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021

HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert … DVD/ブルーレイ 正規 価格

codeyx.com

¥17500円 ¥12250円 (税込) 送料込み
33
248

商品の説明

一度開封して、数回視聴してあります。フィルムに貼ってあった曲目のシールは本体裏に貼り直しました。三枚目の画像をご参照ください。すぐに簡単に剥がす事が可能です。付属品は全てあります。フォトフレーム等は未開封です。「HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021 Complete Box〈完全数量限定豪華BOX盤・2枚組〉」HYDE定価: ¥ 20000#HYDE #CD・DVD商品の情報本・音楽・ゲーム>DVD/ブルーレイ>ミュージック商品の状態:未使用に近い

商品の情報

サイズ
ブランド codeyx.com
商品の状態 未使用に近い

HYDE 20th Anniversary Roentgen Concert 2021 (regular edition) (2

HYDE 20th Anniversary Roentgen Concert 2021 (regular edition) (2

L'Arc-en-Ciel Official Website

L'Arc-en-Ciel Official Website

Special bonus | HYDE Official (EN)

Special bonus | HYDE Official (EN)

flower HYDE HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2022 - YouTube

flower HYDE HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2022 - YouTube

HYDE - HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021

HYDE - HYDE 20th Anniversary ROENTGEN Concert 2021

商品の情報

codeyx.com安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

キャサリンさん

本人確認済

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

コメント (248)

HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert … DVD/ブルーレイ 正規 価格 HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert … DVD/ブルーレイ 正規 価格
『製作者の意図』をシンプルに貫いた作品 - by , 2023/05/29
4.0/ 5stars
2015年に公開されたイギリス、カナダ、アイルランド、アメリカ製作のドラマ映画。真摯に登場人物の内心に踏み込み観る側に様々な感情を与える秀作。導入部から違和感がある画面で物語がどう進んでいくかの予測はつけられるが、そこに重きをを置かずその後の状況を丁寧に描いている演出が秀逸。この映画の本質は後半部分で家族がそれぞれの想いをむき出しでぶつけるところにあり、ハッピーエンドではすまない現実が突き付けられているように見て取れる。あくまでも淡々とその時の状況をなぞるような演出は、この映画における製作者の意図の重さを表しているのだろう。ラストの『訣別の儀式』は親子が本当の意味で現実世界に戻るために必要なことなのだろう。観る側に考えさせるのがいい映画というわけではないが、あえてエンターテイメント性を排除した方針は商業主義と一線を画しており、それらの意図が感じられる作品に仕上がっている。
ジャック(子役)が可愛かった - by , 2023/05/29
4.0/ 5stars
犯人からジャックが逃げるシーンがハラハラして面白さのピークだったけど、まさか放置して犯人が去るとは。笑
フリッツル事件が元らしい。 - by , 2023/05/29
3.0/ 5stars
フリッツル事件と言うと映画「ガール・イン・ザ・ベースメント」と比べてしまう。あちらが程々事実で此方は事件を元に作られたフィクションだそう。「ガール・イン・ザ・ベースメント」が部屋に入るまでから脱出までを描いており、此方は部屋での生活から脱出した後の生活までを描いている。この作品も心苦しい作品ではあるが「ガール・イン・ザ・ベースメント」や「フリッツル事件」そのものはもはや狂気としか思えない。何方の作品も見て比べてみるのが良いかも知れない。順序的にこっちを見てからの方が心に優しいかも知れない。「ガール・イン・ザ・ベースメント」から見るとこの作品には物足りなさを覚えるかも。
想像していた内容と違った - by , 2023/05/28
3.0/ 5stars
前半は、想像通りの監禁状態。脱出の動きを見せ始めるのが40分ぐらいと、前置きがちょっと長いと感じた。脱出…作戦が雑すぎて、逆にかなりハラハラしたかな。(それが意図なのかもしれないけど)保護した警察官が機転が利いて、早々に事件解決。ルームの外での再会シーンはとても感動したし、ここまでは面白かった。後半は、犯人が執拗に親子を追いかけてくるパターンを想像していたんだけど、違っていて、親子の精神的なダメージの大きさが描かれていた。なぜ、おじいちゃんは孫の顔を直視できなかったのかは、最後までわからなかった。(レビューを書きながら考えてみたら、どうやら、気が狂った犯人が愛娘に産ませた子供だから、犯人の影がちらついてしまうということなんでしょうね。自分に娘がいたら、恐らくそらそうだってなったと思うんだけど、息子しかいないからなぁ…。)後、映画説明文に「衝撃と感動」と書かれてるけど、何を指して「衝撃」と言っているのかわからない。
大変な話し(ねたばれ) - by , 2023/05/27
3.0/ 5stars
監禁されているときの、女性の子どもに対して愛情はとっても分かる。脱出できた後の、子供に対しても複雑な気持ちはわかるけれど、母親としての愛情についてが複雑すぎて分からなかった。娘ならまだしも、息子となると、犯人を思い出すのではないかと、ハラハラしていた。相当長く監禁されていても、脱出する希望を失わず、息子に練習させて成功させたのは、ほんとにすごい精神力だと思った。その超人的な精神力で達成したことを、インタビューの女性は、なぜもっと頑張らなかったのかと決めつけて質問するところが、酷い。この場合母親は子供を怖がらせなかったし、子供を守っていたのが息子の気持ちを見ればよく分かる。すごく酷い目に遭って失ったものが大きすぎるが、息子が宝なのかもしれない。そうだったらいいなと思う。
ジャック役の子の演技がすごい。 - by , 2023/05/27
5.0/ 5stars
ジャック役の子がもはや演技の領域を超えていて、圧倒的存在感だった。どうか幸せに…と思わずにいられない。普通で平穏な毎日を送れるって、実はとても幸せなことなのだなぁと改めて思った。素晴らしい作品。
面白かった - by , 2023/05/26
4.0/ 5stars
面白かった
全力で生きる男達 - by , 2023/05/25
5.0/ 5stars
素直に面白かった。特に印象に残ったのが刑事ロキの初登場シーン。星座カードの性格診断を熱心に読んでいる辺り。「自分の視点」「世間一般の視点」にのみ固執せず、普通なら一蹴すべき「第三者の視点」をもジョーク交じりに受け入れている。優秀な刑事らしいバランス感覚が窺えて好印象。冷静沈着、滅私奉公、中庸な主義主張、やんちゃな過去。日本人好みのカッコよさだと思うが、海外ではどうなんだろう?やはり社会的には信心深い方が評価されているのだろうか?物理的に捕らわれたプリズナーズを前面に押し出し、様々なプリズナーズをダブルミーニング(複数の解釈を含む意味づけ)を駆使してシツコイくらいに描写。正直、食傷気味は否めないが、それ以外は素晴らしいの一言。観終わって「よく153分に収めたな」という感嘆しかなかった。 暴走する、被害者の父親であるケラー解決に向け真摯に捜査を続ける刑事ロキ同じ目的に向かって執念を傾ける二人のコントラストが強烈。陰と陽であるはずなのに、なぜかどちらも眩しく感じる。それは両者の放つ責任感という強い光のせいか。紛れもなく全力で生きる男達の姿に羨望の念を抑えられない。 小道具として迷路を登場させ、謎めいた言葉を、そっと添える。それを上手く絡めとり収束する見事な構成。そしてなによりラストシーンの洒落たことといったら…。なにも文句がない。とにかくオススメです。 ***補足・ネタバレあり視聴後推奨***本作には多くのメタファー(隠喩または暗喩)が随所に散りばめられている。その部分が解釈を難しくさせており、よく分からないまま終わってしまう可能性が高い。肝心の犯行動機についても同様で「しっくりこない」というレビューが多かった。なので参考までに自分なりの考察を残しておく。 キーアイテムは首飾り。そしてキーワードは首飾りの形状「出口のない迷路」(ロキ刑事と鑑識官の会話でそれと分かる)手を変え品を変え「出口のない迷路」は幾度となく登場する。そこには謎めいた言葉「全ての迷路を解き終えたら家に帰っていい」が添えられており、それらは大量の迷路と共に(迷路本として)誘拐被害者に手渡される。彼等は指示通りに迷路を解き、解放される期待に胸を膨らます。そして「出口のない迷路」に絶望するのだ。「出口のない迷路」を用意しておきながら「解き終えたら解放する」とは一体どういうことなのか。 これは「偽りの希望」を示唆していると考えていい。人生に希望を持たせる数々の教え(出口のある迷路)を与えておきながら最終的には絶望させる(出口のない迷路)宗教のメタファーとして迷路が使われている。要するに宗教という偽りの希望に対しての怒りが犯行動機。 更に穿った見方をするなら、犯人は真実の伝道者を気取っていた節がある。犯人がケラーを車に乗せる際「あなたのようなモンスターを作り出すことが目的だった」と口走る。オリジナルのモンスターが犯人その人であることは明白。ということは自分の同志を作ることが目的だったとも言える。だがそれだけではない。観念・思想の拡散行為、つまりは「布教」であり、犯人の考える真実の伝道=偽の信仰からの「救済」でもあった。犯行期間、被害者人数、犯行の引継ぎ等の、異常なまでの犯行への執着心を考え合わせると、単に同志を増やすというよりも救済という使命感が動機の根底にあったように思える。 拘留中に自ら命を絶ったボブにも触れておかねばならない。まず、ボブの模倣犯という設定が分かり辛いので簡潔に纏めると…元FBI捜査官が書いた「誘拐犯は透明人間だから捕まらない」という仮説が記された本の内容を、ボブが信じてしまった事に端を発している。●ボブは誘拐犯を覚えていない。●小説の内容を信じこみ、誘拐犯が透明人間だったから覚えていないと思い込む。●もし自分が誘拐犯に成れたなら、透明人間に成れるかもしれない。●透明人間に成れたなら、誘拐犯に見つからずに済むかもしれない。つまり彼は、脱走したことがルール違反であったことを今でも気に病んでおり、「いつ怒った犯人が連れ戻しに来てもおかしくない」と、常に恐れていたことが分かる。そして彼は、 マネキン・着衣・蛇・豚の血・自作の迷路本で現場を忠実に再現し、誘拐犯を装うことで透明人間になることを願った。当然ながら効果は無く、疑似誘拐の手法は段々とエスカレートしていく。実際、本当に誘拐されたケラーとバーチの娘の着衣を盗み出し、再現度を高めようともしている。 更には、平行して「出口のない迷路」にも取り組み続けた。透明化が成功する前に犯人が現れた時に備えてのことだろう。現れた犯人に「見て。僕はルール通りに迷路を解いたよ」と伝えて許しを乞う為に…。 結局どれも叶わず、彼は再び拉致されてしまった(と、思い込んだ)その絶望たるや想像に余りある。彼の恐怖に駆られた表情は、過去に拉致された状況のフラッシュバックがおきたと捉えていいと思う。なんとか解放してもらおうと、涙を流し必死で迷路を解こうとする姿にトラウマの根深さが覗える。そこにロキ刑事の乱入と暴力が加わり、彼のパニックは頂点へ達する。咄嗟に拳銃を手にしたボブ。何故それを他人に向けずに、自分に向けたか。疑似誘拐の手法を思い出してほしい。肝心な部分、誘拐被害者についてはマネキンを使っている。改良手段としてもマネキンを本物に変えることはせず、着衣の再現性を高める方法を採った。つまり自分が助かる可能性を高めるよりも、他人を傷つけないことを優先している。そんな彼が他人に向け発砲するだろうか?かと言って銃を返せば、また暴力の餌食となる。彼に残された道は、一つしかなかった。 最後に…レビューを見ていて、ふと気になった点にも触れておく。ケラーの行動に批判が多いのは、まだ分かる。だがもう一人の被害者父親フランクリン・バーチに言及したものがない。正確を期すと、バーチ夫妻の行動を批判したものが、ほぼ見当たらなかった。これは意外だった。実を言うと、自分がもっとも不快感を覚えたのがバーチの言動だったからだ(次点でロキ刑事の上司) ケラーの行動に一時は迎合しながらも、保身が見え隠れする言動を繰り返し、挙句の果てには妻をも巻き込む。「確かに娘は助けたい。救う為ならなんでもする。だがこれは間違っている」と聞こえの良い持論を展開しながらも、妻の一言「娘の為よ」で、またもや翻る。彼の言動には「じゃあ、どうすべきか。どうしたらよかったのか」という観点が全く見当たらない。他人の行動を批判するのはいいが、そこには自分の行動責任が生じるという事をまるで分かってないのだ。ケラーの行動が本当に間違っていると思うなら(勿論、自分達も罪に問われることを承知の上で)通報すべきだし、そうじゃないなら協力すべきだった。バーチの妻の一言が全てを物語っているのかもしれない。「ケラーの思うようにやらせて…。私たちはもう関与しない(もう沢山よ)」 確かに宗教色が濃い映画だが、特に宗教象徴に焦点を当てたものでは無い。もっとマクロな、宗教学的な観点からの人間と信仰の関わり、その在り方が主題である。 長尺ゆえ、おいそれとはいかないが2度3度見直してでも、各々で考察してみて欲しい。それだけの価値はある作品だ。
大暴走の父親と、難解な事件を捜査する刑事の話 - by , 2023/05/24
4.0/ 5stars
娘2人が行方不明。最後に目撃された男を父親は拷問しまくる刑事は親と警察部長の間で奮闘しながら捜査を進めていくうちに1人が助かったことを期に展開が大きく進んでいく3行で言うと 難しいヒュー・ジャックマンとジェイク・ジレンホーンの2大スター共演で2時間半の大作話は子供2人の誘拐 拉致の話だが。犯人はとんでもなくヤバいレベル犯人と娘と言うよりも、探している父親が大暴走をして加害者?と思われる障碍者の男を拉致して暴行 犯罪行為それくらい父親として必死になっていく シーンがほぼ7割で占めている話だ。しかしな~、結構色んな意味でギリギリヤバい連中がゴロゴロ出てきて紛らわしいが事件の真相は、想像を超えて残虐な話へと進んでいくその展開は食い入るように視聴はできたが、やはりな!気分がいい映画ではない。滅入った気分になる。それくらいの衝撃な話 とも言えるが。こちらの勝手な予想だったがヒュー・ジャックマンがさんざん加害者を暴行してきたけれど、実は真犯人は父親でサイコパスの多重人格者で実の娘も・・・っていくのかと思ったが さすがにそこまでは行かずただし、真の犯人もそれくらいのレベルのヤバさに ただただ驚き。サスペンスとしてはよく出来た話ではあったが・・・ジェイク・ジレンホーンが出てるから、単なる単調映画では無いと思ってたが、でも個人的に視聴はもう1回で十分だな。
人は誰しも自ら造った刑務所の囚人(少しネタバレ) - by , 2023/05/24
4.0/ 5stars
サイコなウルヴァリン・・・自分の父親が自殺した事が、自ら過度に「強い父親像」を課している。真面目なドニー・ダーコ・・・自分の関わった事件は全て解決させているプライドが事件にのめりこませる。やっぱり目つきがスーサイドスクワッド・・・マイノリティ故の日和見主義。いつから自分がイコライザー?・・・あんただったのか。。(「二枚のドガの絵」風に)長いな~と思いながら、結局見てしまった。デリケートな伏線が次第に回収されていく様が、主題である「出口のない迷路」がほどけていくようだった。穴に落ちてから24時間以上経ったはずだが、あの出血量で生きていたのか?あの音は現実か、空耳か。。
ホーム > 本・音楽・ゲーム > DVD/ブルーレイ > HYDE/20th Anniversary ROENTGEN Concert … DVD/ブルーレイ 正規 価格

Tagタグ

  • HYDE/20th
  • Anniversary
  • ROENTGEN
  • Concert
  • DVD/ブルーレイ
  • 本・音楽・ゲーム
  • HYDE
  • CD・DVD
  • codeyx.com